お問い合わせ | リンク | 
  1. »
  2. »
  3. ―内なる再生― 平野裕明展

EXHIBITION | 展覧会

企画展

―内なる再生― 平野裕明展

2022年10月15日(土)~23日(日)
午前10時~午後5時
ノイエス朝日 スペース1・2

「変容(3)」F100

「再生(2)」F100

「再生(1)」F100

「人の景 2022」M400

 

 

 

いまや我々は、人間的環境全体を芸術作品として配置する可能性に気づいている

M.マクルーハン

鉄屑、アルミ、銅、ポリエチレン、ビニール等々のスクラップゴミの大洪水で溢れている。現実過剰生産の廃棄物で大地も海も空も汚染されている。

画家 平野裕明は子供の頃からそれを見ていた。解体された無数の部位のスクラップ、不要に捨てられたフォルムの戯れが実にリアルである。

平野は電子機材、釘やネジ、ボルトなど組み合わせ構成し、作品に変容させ現実よりも仮想現実のモチーフをイメージに接近させて描く。素材の直截なスクラップ記号で構築する。人の顔であり、身体であり、世界を生成させ、再生させ、語らせる。

背景の明るいマチエールの色彩は、空間を凝縮させている。

平野は戦争や難民のドキュメンタリーを描いてきたが、今回は現実社会の欲望が生み出すさまざまなスクラップを反復させアレゴリーとして作品に取り込んだ。

そして、文明・文化へ挑戦している。

リアルなテキストを出現させることによって読ませる。

解体された部位は変容し作品として平野の世界観を見せる。

岡田芳保

EXHIBITOR | 出展者のご紹介

 

1960年

1984年

 

1986年

 

 

1990年

2001年

2015年

2017年

その他

富岡市生まれ

東京藝術大学油画専攻卒業

10回群馬青年美術展 大賞受賞

東京藝術大学大学院修了

フランス政府給費留学生として南仏Aix-en-Provence

Ecole des Artsに学ぶ(~’88

14回 上毛芸術奨励賞

75回 国展 国画賞 

66回 群馬県展 会員賞

個展ノイエス朝日(’19年)

個展(東京他 計10回)、グループ展多数

現在 国画会会員 群馬県美術会理事

top